「さんぽ。」へ旅。

弥生二十一日。
春分の日。


長い旅から帰って参りました。

九日夜出立。
海を潜り、横浜から高速道路にて西行き。
明けて十日、
八百キロを経て両親の住む街へ。
d0286501_21111111.jpg


d0286501_21113510.jpg


古の文豪の風景その儘。

四月の日中月心さんとの二人展「にっ。」の打ち合わせや雑事を故郷で済ませ、
今度は「さんぽ。」の為、東行き。

d0286501_21221498.jpg

日中月心さん。

d0286501_2112151.jpg

サトウカヨさん。

d0286501_2123718.jpg

古さん。

初めてのかんてんぱぱホールでの展示でしたが、
四日間心地よく過ごしました。
拙品をご贔屓にして頂いた皆様、ありがとうございました。
感謝感謝。


「さんぽ。」を終えた翌日は、
日中月心さんの京都への引っ越し。
d0286501_2112241.jpg


朝、荷物を積み込み高速道路を再び西行き。
日中月心さんの父上に、美味しい和食をご馳走になり、
荷物を降ろし、
再び高速道路にて東行き。
共に最後の清流苑の温泉に浸かり、
とてつもない量の野菜炒め定食を食べ、
当方は再び東行きの帰路へ。











明けて十九日早朝、
無事帰宅。
いやはやなんとも長い旅でありました。
[PR]
by inishiekoubou | 2014-03-21 21:31 | 出展。 | Comments(0)


<< 『にっ。』 さんぽ。 >>