恋焦がれて、待ち焦がれて。

師走十八日。
青空。


今日、
苗床に蒔いた空豆の種が発芽し、
10cm程に育ったので、
畑に植え付けた。
どうぞお猿さんに横取りされる事無く収穫出来ます様に。



三十数年前、
その曲を初めて聴いたのは、ラヂオからだと思う。
当時も、それ程潤沢なお小遣いを有していたわけでもないので、
おいそれとレコードを買ったり出来なかった。


大人になり、
欲しいと思うレコードやCDを
割と気軽に買える頃、
既にその曲は廃盤になり手にする事が出来なかった。


それ以来、
中古レコード屋さんを見つけると、
全国展開の古本屋さん巡りの際も、
『お』の棚にまっしぐら。
が、それ程数が出回っている程の曲ではなかったので、
手にする事が出来なかった。



恋焦がれて、
待ち焦がれたその曲が、
一昨日、
CDとして再発売された。


ひと月位前からその情報を仕入れていたので、
最大手のネット通販会社に予約。
そして発売日の一昨日、
三十数年待った曲が我が手許にやって来た。
いやはや何と申しましょうか。
独り大騒ぎ。

そして梱包を解く。
嘘だろぉ。
それは無いだろうぉ。

何とケースが割れていた。

注文先に連絡し、
返品交換手続きを。


三十数年恋焦がれて待ち焦がれての二日間、
それを長いと感じたのか、
短いと感じたのか。


そして今日、
d0286501_16503770.jpg

再びそれは届いた。


どんな曲か聴きたい方は、
有名動画サイトで検索して頂ければ、
多分聴けると思います。
『Season』 で。




























何だか、
余りにも思い入れが強すぎた様で、
開封する前に、
手にしただけで気持ちが完結してしまった。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-12-18 16:52 | ひのもすのたり。 | Comments(0)


<< 針が飛ぶ。 『うろんな。』 を終え、そして... >>