カテゴリ:花一輪。( 4 )

きょん。

文月二十九日。
夏空。


ご無沙汰しております。
お元気ですか。
毎日暑い日々が続きますが、如何お過ごしでしょうか。
当方は相も変わらずです。


今月来月の二か月、
そう夏は一切出展致しません。
木と云うと、
あたたかいイメージがあるらしく、
夏場は全然動かないのです。
また日に当たると品質も悪くなるので、
故に、夏は創作の季節なのです。


で、
秋の出展に向けての新作。
d0286501_16373111.jpg

少し厚めの板に墨付けして、
鑿や彫刻刀で掘る彫るほる。

d0286501_1639631.jpg

受けが出来たら今度はお外を
鉋で削る削るけずる。

d0286501_1641054.jpg

で、
綺麗に仕上げて塗りを入れ、
お水に草花を活けたら完成。


あっ、別に花器としてではなく、
お皿としてお使い頂いても結構です。


















君の名は、
「きょん。」。
山の神さん命名。
[PR]
by inishiekoubou | 2014-07-29 16:49 | 花一輪。 | Comments(0)

ぐっずぐらんぷり。

長月十日。
曇り後雨降り。


一昨日辺りから、
風向きが北に変わり、
少し涼しくなって来た。
秋かぁ。


さて、
十一月四日(祝)に開催される相模大野アートクラフト秋の市2013の中で、
開催されるグッズグランプリというものに、
当方も応募してみました。


何だかお客さんの投票で、
上位何名かに特典が与えられるそうです。


で、
今回のテーマが「花」と云う事なので、
当然当方は、一輪挿しで勝負勝負。

d0286501_16225040.jpg



染井吉野(さくら)の木目模様を愉しんで頂きたく、
敢えて余計な手を加えず、
真四角の素朴な形で一輪挿しを作ってみました。



素朴な形のものだけに、
花を挿す孔の位置を決めるのと、
水漏れしない様に防水加工するのにとても苦労しました。
どうぞ、
面白いとお感じの方々、
投票の程、宜しくお願い致します。
[PR]
by inishiekoubou | 2013-09-10 16:32 | 花一輪。 | Comments(2)

あのね。

親が子に、
「あのね、」と、問いかけ。
子が親に、
「あのね、」と、問いかける姿。

d0286501_2113256.jpg


何事も対話が必要。
[PR]
by inishiekoubou | 2012-04-15 20:58 | 花一輪。 | Comments(0)

ぎゅっ。

大切な人へ、
思いを込めて一輪の花を捧げる
腕の形。

d0286501_20571255.jpg


ぎゅっとね。
[PR]
by inishiekoubou | 2012-04-13 20:52 | 花一輪。 | Comments(0)