カテゴリ:ひのもすのたり。( 9 )

じいさんは山へ柴刈りに。

如月十一日。
青空。


気が付くと、
既に立春を過ぎ、
暦では春。


もう少しで暦の啓蟄がやって来る。
先人の知恵はうまくしたもので、
啓蟄を過ぎると本当に虫達が這い出てくる。
我が家の周囲もご多分に漏れず、
いろんなものが現れる。

で、
昨日まで丸二日間作業場に籠っていたので、
春の種まき前に、
畑の囲い用の竹と、
焼き芋用の薪を切り出すべく、
裏山に柴刈りに行って来た。

d0286501_1633142.jpg


d0286501_16333256.jpg


d0286501_16334620.jpg


竹は八尺程に切りそろえて十本、
薪は背負子で無理なく運べる程。
あぁ、しんど。
今日のお昼ご飯は、
昨夜の残りのカレーでうどんと、
薪ストーブでの焼き芋。

























お猿さんが、
甘夏を食べに来たので、
追い払い用の団栗も序でに調達。
パシッとね。
[PR]
by inishiekoubou | 2016-02-11 16:35 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

針が飛ぶ。

睦月十七日。
曇り。


おっと気が付いたら既に新年を迎えて居りました。
いやはやなんとも。
お元気ですか。


今年は申年。
先日、ぽかぽか陽気のお日様を愉しみながらお昼を食べていたら、
玄関先のみかんの木に不穏な影が。
何だと、窓越しに見たらお猿さん。
取り残したみかんを食べに訪れたご様子。
昨年小まめに下草を刈ったからか、
今年はみかんも甘夏もとても甘く上出来。
そんな美味しさをお猿さんに覚えられると、
今度は群れでやって来るのが目に見えているので、
ゴムぱちんこ&団栗弾で追い払う。
許さん。


当方の毎朝の習慣は、お仕事前の筋伸ばしから始まる。
今朝もいつも通り筋を伸ばしていると、山の神さんも途中参加。
ラヂオを聴きながらほぼ三十分位かけてするのだが、
今朝は、その最中に何か変な雑音が。

「何か、変な音がしない?」 と、当方。

「別に聞こえないよ。」 と、山の神さん。

「いや、やっぱり何か音がしてる。
 何か、そうレコードの針が飛んでいる様な音が。」

「そっかなぁ。 
 あぁ、ラヂオのノイズじゃあないの。」

「そっかぁ?」

「そうだよ。」

地獄耳の山の神さんが云うならきっとそうなんだろう。
と、一応納得する。

筋伸ばしを終え体を起こしたその前で、
山の神さんが、爪を切っていた。






















ぷつっ、
ぷつっ、
ぷつっ、と。
[PR]
by inishiekoubou | 2016-01-23 17:52 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

恋焦がれて、待ち焦がれて。

師走十八日。
青空。


今日、
苗床に蒔いた空豆の種が発芽し、
10cm程に育ったので、
畑に植え付けた。
どうぞお猿さんに横取りされる事無く収穫出来ます様に。



三十数年前、
その曲を初めて聴いたのは、ラヂオからだと思う。
当時も、それ程潤沢なお小遣いを有していたわけでもないので、
おいそれとレコードを買ったり出来なかった。


大人になり、
欲しいと思うレコードやCDを
割と気軽に買える頃、
既にその曲は廃盤になり手にする事が出来なかった。


それ以来、
中古レコード屋さんを見つけると、
全国展開の古本屋さん巡りの際も、
『お』の棚にまっしぐら。
が、それ程数が出回っている程の曲ではなかったので、
手にする事が出来なかった。



恋焦がれて、
待ち焦がれたその曲が、
一昨日、
CDとして再発売された。


ひと月位前からその情報を仕入れていたので、
最大手のネット通販会社に予約。
そして発売日の一昨日、
三十数年待った曲が我が手許にやって来た。
いやはや何と申しましょうか。
独り大騒ぎ。

そして梱包を解く。
嘘だろぉ。
それは無いだろうぉ。

何とケースが割れていた。

注文先に連絡し、
返品交換手続きを。


三十数年恋焦がれて待ち焦がれての二日間、
それを長いと感じたのか、
短いと感じたのか。


そして今日、
d0286501_16503770.jpg

再びそれは届いた。


どんな曲か聴きたい方は、
有名動画サイトで検索して頂ければ、
多分聴けると思います。
『Season』 で。




























何だか、
余りにも思い入れが強すぎた様で、
開封する前に、
手にしただけで気持ちが完結してしまった。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-12-18 16:52 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

売られた喧嘩は。

長月六日。
青空。

いやはやなんとも。
何時の間にか夏が終わりを告げ、
実りの季節に入ろうとして居ります。
ご無沙汰して居りました。
お元気ですか?

当方はと云うと、
文月、葉月と出展も無く、
ほぼ二か月、
引き篭もりの日々を過ごし、
何故か雫と五角形に嵌りまして、
そればかりを作る夏でした。
今秋出展の折、
それらをお披露目出来ると思います。


とある日のお茶の時間、
薪ストーブで焼いたお芋を愉しんでいたら、

「そう云えば、生まれてこの方お芋掘りってしたことがないんだよね。」 と、山の神さん。

ってことで、
山の神さんお芋掘り計画が発令されました。


大家さんに畑の一画を借り耕し、、
金時芋の苗を植えた。
陽光を沢山浴びた金時芋はすくすくと育ち、
それはもう収穫の時を想像するだけでわくわくの毎日でした。
ただ一つ忘れていたのは、
我が家は野生の王国の中にあるという事。

ある朝、
水遣りに畑に降りると、
見事に壊滅状態。


温厚という文字を
何層にも何層にも塗り重ねている様な平和主義者の当方。
が、売られた喧嘩は買わねばなるまい。

d0286501_1144521.jpg

3mx3m程の広さを耕し直し、

d0286501_11452342.jpg

天幕が破けて使えなくなったテントの骨組みを利用し、

d0286501_11463215.jpg

支柱、金網、防獣網を施す。
さぁ、何時でも掛かって来なさい。





























要塞の中で、
苗を植えるべく、
畝を作っていたら、
「なんでこんな事しているのだろう。」 と、
檻に閉じ込められた動物の気分になる。
既にこの喧嘩、
この時点で負け?

ちゃんちゃん。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-09-06 11:57 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

ちょっと贅沢。

文月五日。
雨降り。


梅雨真っ只中、
毎日雨降りが続いて居ります。
家中何だかしっとりして居ります。


昨日、
久し振りに山の神さんと買い物に。

久し振りだから、
隣り隣り町の
この辺りでは一番大きなホームセンターまで遠征。


今の家は、
前の家より少し広い。
それに比例した訳ではないだろうが、
湯船も前の家より大きい。
大凡1.5倍位。

故に、
前の家で使っていた蓋では寸足らず。
このままでは追い炊きの熱効率が悪いので、
1.5倍の蓋を必要としていた。
折角大きなホームセンターに来たのだから、
1.5倍の蓋を探す事にした。

あった。
湯船の幅に合わせた蓋が、
10cm/380円で売っていた。
我が家の湯船は130cmあるから、
380円 x 13 = 4940円。
高い。

と、
いう事で、
材木売り場に行き、
40 x 80 x 180 の檜を4本購入。

今朝、
平面、直角、幅決めをし、
縦に半分に割り、
厚さ、長さ決めをし、
面取りで完成。

早速、
湯船に設置。
d0286501_17371058.jpg



山の神さんを呼び見せる。

「わぁ、凄い。 まるで誂たみたい。」































あのぉ、みたいじゃなくて・・・。

今夜から、
我が家は檜風呂だ。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-07-05 17:41 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

雨音を聴きながら。

水無月二十七日。
雨降り。


夏至、
が、何時の間にか過ぎていた。
これから冬至まで少しずつ夜の時間が長くなる、
のか。


今年の前半戦も、
先週末の三条で終了。
漸く我が家での時間が長くなりそうだ。
やっぱり我が家が一番。


留守をしていた間に溜まった家の仕事もひと段落したので、
少しのんびり。
今日は、
雨の音を聴きながら、
サイコロの面取り。

d0286501_10151121.jpg




















こんな時間の過ごし方も偶には。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-06-27 10:16 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

朋輩、京より来る。

弥生六日。
青空。


昨日一昨日の二日間、
日中月心さんが京都から遊びに来た。

昨年四月に、
鳥取で二人展を開催して以来の再会。
お互い生活環境の変化があったが、
それにしても相も変わらずで、
ひとつ齢を重ねただけだった。


山の神さん特製のカレーライスの夕飯を愉しみ、
友人達の話題で盛り上がる。
そう云えば、
この家に越してから初めての宿泊客だ。


翌日、
昼頃には帰路につかなくてはならないとの事なので、
高速のI.C.近くに車を停め、
早咲きの頼朝桜を散歩がてら愉しむ。

d0286501_1631644.jpg


既に満開を迎え、幾らか散り始めているのもあった。
それから海の側にある商業施設で地魚料理を愉しむが、
量は多いんだけど、
味は何だかなぁ。
多分二度目は無いと思う。
残念。


腹拵えを終えて、
再び高速にI.C.まで。
日中月心さんは此処から京都までひと走り。

d0286501_16494090.jpg


バイバーイ、
また来てね。






















ところで、
高速入ってから、
反対方向に走って行かなかった?
[PR]
by inishiekoubou | 2015-03-06 16:52 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

ひねもすのたり。

如月二十七日。
青空。


いやはやなんとも。
本当のご無沙汰でした。
やっとこさ始動します。


昨年の十一月半ば以来、
明日からまた製作に入れます。
何と三か月半振りのお仕事。


十一月、
新居探しの為、
あっちに行ったりこっちに来たり。

十二月、
新居が見つかりお引越し。
が、新居の進入口が狭く急坂の為大きいトラックが入らない。
家財道具 + 工房機材で、実質二件分の大荷物。
仕方なく我が車にて三十回往復してのご引越し。
あぁ、疲れた。

一月、
新居に運び込んだ荷物の整理と工房作り。
古い農家の納屋が新しい工房。
以前より少し広くなったので、いろんな道具の配置に苦慮する。
作業場用に薪ストーブ購入。

二月、
住居の方の整理も終わり、
漸く普通通りの生活が出来る。
工房は、動力工事が完了しないので製作に入れず。
その代り、五年分出た木端を薪ストーブにくべ、
黒豆を煮たり、マーマレードを作ったり、芋を焼いたり、
燻製を作ったりして火遊びを愉しむ。
実益があるので、
こんな時間の過ごし方を山の神さんも許容してくれる。


そして今日、
動力が入ったので、
明日から製作に入れる。
始動です。
先ずはご注文の品から。



















d0286501_1794078.jpg

こんな風景から
車で五分、
自転車で十二分、
歩いて小一時間の場所が新居です。
[PR]
by inishiekoubou | 2015-02-27 17:13 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

『にっ。』 の日々。

卯月二十二日。
曇り。

昨日早朝、
二週間ぶりに帰宅しました。
荷卸し検品も漸く終わったので、
実家のPCではその様子の画像を上げる事が出来なかったので、
今日は、その『にっ。』の様子を。

d0286501_18251667.jpg

鳥取へ向かう何処かの風景。
桜が満開。

d0286501_18255529.jpg

日中月心さんの器たち。

d0286501_18265546.jpg

こんな感じや、

d0286501_18274975.jpg

こんな感じ。








昨年に引き続きご来場頂いた皆様、
昨年に引き続き拙品をご贔屓頂いた皆様、
昨年に引き続き大変お世話になったギャラリーあんどうの皆様、
そして、我儘な我儘な当方にお付き合い頂いた日中月心さん、
ありがとうございました。
感謝感謝。
[PR]
by inishiekoubou | 2014-04-22 18:34 | ひのもすのたり。 | Comments(2)