さくらまつり。

卯月三日。
花曇り。

ご無沙汰です。
お元気ですか。
当方は種まきに勤しんで居ります。


今日は、
先週末に引き続き県内での出展。
否、今回は町内での出展。
出展料、二千円(テント付き)。
交通費、百三円。
なんとまぁお手軽な出展だこと。

d0286501_17392557.jpg


町内の湖畔でのさくらまつり。
残念ながら桜はまた三分咲きでしたが、
車で十分の近さ。
家でゆっくり朝ご飯を食べても余裕のヨッチャン。
搬入搬出は横付けだし、
特別な縛りも無くゆるーい感じの催事。
好いなぁ。
こういうの大好きです。

で、
新作も、
定番品も、
一輪挿しもご贔屓にして頂いたので、〇。
ありがとうございます。
感謝感謝。

来年も日程が合えば出展したいなぁ。



















さてさて、
春の出展日程がほぼ決まりました。
取敢えず今月は、
さ来週末の四月十六日、十七日の二日間、
東京都墨田区、スカイツリーのおひざ元「ささやカフェ」で開催される『ささや市』に参ります。
友禅作家の加藤さんのご紹介で。
お近くの方も、
そうでない方も、
是非お越し下さい。
新作を携えてお待ちしております。
[PR]
# by inishiekoubou | 2016-04-03 17:35 | 出展。 | Comments(0)

じいさんは山へ柴刈りに。

如月十一日。
青空。


気が付くと、
既に立春を過ぎ、
暦では春。


もう少しで暦の啓蟄がやって来る。
先人の知恵はうまくしたもので、
啓蟄を過ぎると本当に虫達が這い出てくる。
我が家の周囲もご多分に漏れず、
いろんなものが現れる。

で、
昨日まで丸二日間作業場に籠っていたので、
春の種まき前に、
畑の囲い用の竹と、
焼き芋用の薪を切り出すべく、
裏山に柴刈りに行って来た。

d0286501_1633142.jpg


d0286501_16333256.jpg


d0286501_16334620.jpg


竹は八尺程に切りそろえて十本、
薪は背負子で無理なく運べる程。
あぁ、しんど。
今日のお昼ご飯は、
昨夜の残りのカレーでうどんと、
薪ストーブでの焼き芋。

























お猿さんが、
甘夏を食べに来たので、
追い払い用の団栗も序でに調達。
パシッとね。
[PR]
# by inishiekoubou | 2016-02-11 16:35 | ひのもすのたり。 | Comments(0)

針が飛ぶ。

睦月十七日。
曇り。


おっと気が付いたら既に新年を迎えて居りました。
いやはやなんとも。
お元気ですか。


今年は申年。
先日、ぽかぽか陽気のお日様を愉しみながらお昼を食べていたら、
玄関先のみかんの木に不穏な影が。
何だと、窓越しに見たらお猿さん。
取り残したみかんを食べに訪れたご様子。
昨年小まめに下草を刈ったからか、
今年はみかんも甘夏もとても甘く上出来。
そんな美味しさをお猿さんに覚えられると、
今度は群れでやって来るのが目に見えているので、
ゴムぱちんこ&団栗弾で追い払う。
許さん。


当方の毎朝の習慣は、お仕事前の筋伸ばしから始まる。
今朝もいつも通り筋を伸ばしていると、山の神さんも途中参加。
ラヂオを聴きながらほぼ三十分位かけてするのだが、
今朝は、その最中に何か変な雑音が。

「何か、変な音がしない?」 と、当方。

「別に聞こえないよ。」 と、山の神さん。

「いや、やっぱり何か音がしてる。
 何か、そうレコードの針が飛んでいる様な音が。」

「そっかなぁ。 
 あぁ、ラヂオのノイズじゃあないの。」

「そっかぁ?」

「そうだよ。」

地獄耳の山の神さんが云うならきっとそうなんだろう。
と、一応納得する。

筋伸ばしを終え体を起こしたその前で、
山の神さんが、爪を切っていた。






















ぷつっ、
ぷつっ、
ぷつっ、と。
[PR]
# by inishiekoubou | 2016-01-23 17:52 | ひのもすのたり。 | Comments(0)